わる窯

底辺絵描きの底辺ブログだよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひさびさ

テスト終了~。というわけで久々に更新いきます。


ううむ・・・。やっぱりガスタービン&油圧がええのだろうか・・・。
けど出力的に大丈夫なんだろうか・・・。
燃料電池&モーターも無難だけど変なオーバーテクノロジーを組み込みたくねぇわ・・。

何の話かというと・・・、

追記からどうぞ。今回長いです。

人形兵器の機関です。
そろそろそういう事も考えながらデザイン練れたら良いなと。
この機に決めてしまいますか。

完成図nwtg
コイツとコイツはガスタービン&油圧でいきます。
何となくそんな感じですし。右のやつに至っては剥き出しですし。
そろそろ使い回すのも限界だなこの画像達・・・。

完成画001色波機
逆にコイツとコイツは燃料電池&電動機でいきます。
まぁ武装がそれぞれ荷電粒子砲とレールガンの奴らなんで少々ぶっ飛んでても大丈夫かと。


ではまず前者のガスタービンから。
ガスタービンとは、乱暴に言うと
何か燃やかした熱で空気を膨張させて羽根車をまわす、というエンジンです。

「羽根車ごときで大丈夫なのかよ」とか思っちゃいけません。
連続燃焼なので振動も少なく、高回転域ではすんばらしい性能です。

ガスタービンの利点は、
高回転域なら他の追随を許さない性能
・構造と原理が単純なため、信頼性が高い

逆にガスタービンの弱点は、
低回転域ではものすごく燃費が悪い。
・ある程度の大きさを確保しないといけない。
・回転数を細かく制御するのが苦手

ガスタービンって、ある程度回ってなきゃ性能が発揮できないのですが、
オイルコンプレッサー回す分には問題ないかと。細かな制御も必要なさそうです。
後述しますが、精密制御は基本的に油圧のほうでやります。

過剰になった油圧の出力はアキュムレーターに溜めたり、
フィードバック回路みたいなもので入力に戻したりすればいいと。
ある程度の変速は必要でしょうが、本当にある程度でよさそうです。

一定の大きさを確保しないといけない点もあまり気にしなくてよさそう。
米軍が戦車に搭載しているサイズで、「小型高出力エンジン」として認知されてるっぽいですし。
同じ出力をディーゼルエンジンとかで出そうと思ったら、相当でかい物が必要そうです。

変速機を詰まなきゃいけないのはどの内燃機関も同じですが、
他にも油圧の何やらとかを積む関係で、機関部の容積はでかくなりそうです。

熱風排気はもう、どうしようもないですわ…。
その熱でまた発電を、ということも出来るんですが、そんなもん積めません。

できるだけ広範囲に拡散させて、赤外線ミサイルなどに狙われないようにすべきか。
排気を再圧縮してそこに燃料を吹き付ければ、アフターバーナーみたいなことができるかも。
恐らく残存酸素の関係で無理、できても自重で推進力にはなりえないでしょうが。
実現できたらオーバードブーストよろしく高速機動を…。無理か。

とりあえず目立った欠点は燃費が悪いことくらいでしょうかね。
あと、エンジン本体以外が色々かさばる点。
奴らは胴体がでかいので大丈夫そうだ。

まとめると・・・、
高回転域で真価を発揮。燃費?制御?そんなものは知らん、という感じです。



で、モーターとなる油圧ですが、
工事現場の建設重機とかに使われてる、ピストンのやつですな。
オイルコンプレッサーで圧力をかけた油でピストンを動かしたり、油圧モーターを回したりします。

原理が単純、制御も簡単でパワーもあります。
また、力をかけ過ぎて停止した時に、破損したりしにくいという特性も。

前者はまあまあ。
後者の特性が面白くてですね~、
普通の電動機なら、負荷をかけ過ぎるとだいたい壊れるんですが、
油圧なら機関の構造に遊びがあるので、熱を持つだけで破損することはあまりないんですわ。

単純で信頼性の高い機構だと言えますか。
あと、バルブを閉鎖してオイルの流れを止めれば、ピストンが固定されます。
電動機なら電源切ったらモーターは自由に回りますよね。

電動式の人型兵器を、立たせたままで電源を落としたら、
電動機なので、サイドブレーキよろしく関節をロックしないと、フニャッとへたり込んでしまうわけです。
油圧式なら、バルブを閉鎖するだけで済みます。
もちろん隙間から圧が抜けるので、あまり長い間は無理ですが。



逆に欠点は、オイルコンプレッサーなどを全て含めると、電動式に対してかさばることですか。
あとは、管の継ぎ目からオイルが漏れやすかったり。オイルの温度管理も重要。

まあ、電動式と比べてしまうと内燃機関の時点で容積的には完敗なので、かさばるのはもうどうでも。

個人的にマズいのではないかと思うのは、むしろ制御系です。
油圧なんで制御はオイルの流量を調整するバルブの開閉なんですが、
人型兵器となると同時に多数のピストンを細かく動かさなきゃいけない関係上、重機のように機械式では限度が。
すると、とうぜんバルブは電子制御です。
どの関節がどれほど曲がったか、とかも、常に監視が要ります。
そこら辺を考えると、制御系がものすごく複雑になるのでは、と思いまして。
複雑になればそれだけ信頼性も下がりますし、コストも増えます。

電動式なら電子基盤一個で済むことが、油圧だとものすごく面倒になるのです。

あと、計器類も増えそう。
電動式だと、動力関連は電圧計と電流計、あと温度計と蓄電池の残量ぐらいでしょうか。
実際はもっとあるでしょうが。
内燃機関からの油圧式だと…、
上記の電動の計器類は全部つきます。たぶん。内燃とはいえ電気もつかいますから。
そこに油圧計とエンジンのタコメーター、温度計はエンジンと油圧に一つずつ、それに燃料計や他にも色々。

機械だけじゃなくて、操縦する人間も色々大変そうです。


ガスタービンと合わせた総括としては…、
でかいし燃料バカ食いで整備面倒だから金かかるけど、丈夫でハイパワー
・・・という感じですかねー。


文句言うなら他の使えよって話ですが・・・、
内燃機関の出力を、素早く多数の関節に伝達する方法を他に思いつかなかったので…。
…あ、電気式があったわ。

いや、油圧のピストンとかを取り入れたデザインが好きだからこれでいいのです。

もともと油圧にするのが前提で、
ガスタービンと相性がいいのかなと思っただけの話なので、正しいかどうかはさっぱりです。

ていうか、百科事典に載ってた事を自分で噛み砕いて書いてるんで、情報の精度については・・・。
間違ってる点は突っ込みお願いします。

ともあれガスタービン&油圧だけでこの分量になっちまいました。
燃料電池&モーターはまた次回ということで。

では。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/05/31(火) 23:24:10|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<旧世代AC | ホーム | 習作>>

コメント

どーもであります。

ガスタービンが軽量高出力なのは確かですが、構造が単純・信頼性が高いかと言えばそうとは言えませぬ。

タービンに用いられる風車(タービンブレード)は一個あたりのサイズが小さく、かつ大量に配置されとります。
そのため砂埃ひとつでブレードに傷がついてしまうため、地上兵器としてはいまひとつ長時間の運用能力に欠けるのであります。

ピストンエンジンよりも精密なため整備も戦地では用意ではなく、高回転ゆえのオイル管理がそれに拍車をかける形となっとります。

米軍がそれを承知で戦車に搭載しとる理由は、各車両とも戦地から本国に戻してすぐ整備できるほどの体制を整えられとるからと言えます。
実際、イラクから帰ってきたM1のタービンブレードはその多くがボロボロで、専門のメカニックがひとつひとつ交換する形になってたり。

また、ガスタービンは発熱量・騒音にも問題があり、前者は他系統への熱によるダメージを減らす工夫が必要ですし、後者は戦闘において弱点にもなり得ます。

ちなみに利点としては、高回転ゆえに有効出力を得られる範囲が広く、変速機が簡略化できる点も挙げられます。

あと燃料電池でありますが、高出力になればなるほど発熱→熱効率が悪化するという弱点があります。
発生した熱を電力に利用する手もありますが、いづれにせよ大容量のラジエータが必要になると思われます。
  1. 2011/06/06(月) 01:52:17 |
  2. URL |
  3. 砂漠の狸 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

狸様コメントどうもです。

連続燃焼なので騒音も振動も小さいのかとつい・・・。
スパークプラグが必要ない関係で信頼性も向上するかなと思ったのです。

燃料電池についてはまた今度詳しく調べます。
こんどは間違った事を書かないようにだな・・・。

ともあれ、ご指摘ありがとうございました~。
またなんか間違ってたら宜しくお願いします。
  1. 2011/06/11(土) 15:31:32 |
  2. URL |
  3. わるきゅーれ #fb7xNeB2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://svdwalkure.blog123.fc2.com/tb.php/129-803515d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レトロRPG風アクセスカウンターもどき


flash boreal kiss

プロフィール

わるきゅーれ

Author:わるきゅーれ
当ブログの管理人。
中国地方在住。
ACfAの対戦して頂ける方はお声おかけください。
弱いですが・・・。

ここはリンクフリーです。
相互も大歓迎なんで、お気軽にどうぞ~。



最新記事

月別アーカイブ

カウンタ

iPhoneもWidget World(ウィジェット・ワールド)

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
91541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
イラストブログ
6412位
アクセスランキングを見る>>

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (18)
らくがき (34)
? (0)
ACfA (0)
企画 (0)

バナーとか

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。